お供的な役目があります。そして、これはそういう認識で世間一般に知られていることでもありますよね。しかし、世の中には、便秘だからこそヨーグルトを食べてはいけない時があります。むしろヨーグルトを食べることで体調を悪化させてしまうことがあるのです。(汗)......。そこで今回は、そんなヨーグルトを食べてはいけない場合について、それはどのような状態なのかについて説明しますね。

あなたは、排便時、流したあとも便器に便がついていることはありますか!?■もしこの二つに心当たりのある人は、ヨーグルトの摂取を今すぐやめるようにしてください。(汗)血液が滞っている人は、ヨーグルトとか、乳製品を食べると逆に腸が汚れます。結果腸内環境が悪化してしまいます。これにより便秘の症状がより悪化してしまいます。(汗)

その他にも冷やしたヨーグルトを食べ過ぎるのも便秘にとっては悪影響です。冷えたヨーグルト過剰に摂取すると、腸内まで冷えてしまいます。この様にヨーグルトもタイミングや食べ方を誤ると便秘を悪化させてしまいます。これからヨーグルトを食べようという人は、自身の体とよく相談してから摂取してくださいね。

また食べ方についても必ず気を使いましょう。このようにして失敗のないヨーグルト生活を送りましょう!(笑顔)

関連ページ